アイフルの金利引き下げ後、返済は楽になったのでしょうか?

アイフルは昔、金利を高く設定していたため返済がなかなか終わらずに苦しんでいるお客様がたくさんいました。現在でも多く支払いをした金利をアイフルに返還してもらう裁判をしています。アイフルだけではなく消費者金融の殆どが金利を高く設定していました、しかしそれでは返済が終わらないのと取立ても強引にしてくるなどが問題になり国が法で取り締まる事になりました。

法で決められた事は賃金業をおこなう会社は、上限金利以上に金利を設定してはいけない、強引な取り立てや勧誘などはしないという事です。アイフルも賃金業の法により金利を引き下げ闇金のような仕事も改め、借りやすい職場になるように働きかけました。現状、金利が下がったことで、とても借りやすくなったのと返済も楽になっていきます。

しかし、金利を下げたことによってアイフルの経営は悪化することになります。金利をお客様から多く取ることで高額な利益をだしていた様です、そのお金を使って店舗を広げながら更にお客様を増やしていきました。お客が増えたことによって確かに利益は上がりましたが、アイフルのやり方に疑問を感じる人も増えてきたのも事実、その問題は社会問題になっていきます。

金利引き下げにより経営難なったアイフルは、店舗を減らし誠実な経営を始める事になります。現在は知名度はありますが経営が難しいのは変わっていません。消費者金融を利用している方の中にはアイフルにあまりいい印象を持っていない方もいます。賃金業はそれだけ信頼が重視とい事なのです。消費者金融も数が増えここでしか借りれないという事もないので、アイフルも同様、お客様に利用してもらう為に色々な工夫を考えながら切磋琢磨する日々だと思います。

個人的な意見ですが、過去のアイフルや消費者金融の悪いやり方には驚かされました、現在は誠実なやり方であることを強く信じたいですね。